インドの財閥--タタ財閥2009/08/21 05:56

アンバニ一族のことを書いたついでに、私が最初にインド・ビジネスに関与した頃「インドの大企業」とか「財閥」の筆頭格であったTata(タタ)とBirla(ビルラ)について書こうと思う。まずタタから始めよう。

タタ財閥としての連結売上は2007年度に625億ドル(約6.2兆円。2008年度は未発表)。傘下企業には例えば後述のTata Steel(製鉄)や英国のジャガー買収で有名になったTata Motors(自動車)、更にはソフトウェア開発で世界的に有名なTata Consultancy Services(TCS)などがある。

Tata Steelの2008年度売上は1.5兆ルピー、純利益は485億ルピー(それぞれ2.8兆円と911億円。ちなみに同期の新日鉄は4.8兆円と1550億円)。

Tata Motorsの2007年度売上(2008年度連結の数字は未公表のため)は4034億ルピー、純利益は217億ルピー(それぞれ1兆円と540億円。ちなみに同期のスバルは1.6兆円と185億。それにしてもスバル儲かってませんね)。Tata Motorsの2008年度連結決算が未開示なのは、2008年6月に買収したフォードのジャガー・ローバー事業の評価をどう開示情報に表示するのかモメているのかもしれない。

TCSの2008年度の売上は2195億ルピー、純利益は468億ルピー(それぞれ4125億円、879億円。ちなみに同期の日本の情報サービルプロバイダーの雄CSKの対応する部門の売上が1908億円で営業利益が88億円、これではまるで勝負にならない)。

脱線するが、タタにしてもビルラにしても、連邦経営とでもいうべき、傘下各企業の経営の自由度が比較的高い経営をしている。この点はすべての事業を傘下におさめる方向をとっているムケシュ・アンバニとは大いに異なる点だ。

タタ一族はムンバイを中心に住むParsi(パルシー)だ。パルシーとはPars(パルス)人の意味でパルスはイランの別称だ。この呼称のいわれはパルシーが元々イランからアラブ人が回教を持ってイランに攻め込んできた際、難を逃れてインドに逃れた人々移ってきた人たちで、古いイランの宗教である拝火教を信仰しているからだ。インドに住み着いた時期については諸説あるがイランに回教がもたらされたのが7世紀であったことから判断すると、8世紀頃にインドに移ってきたという説が妥当であろう。

パルシー人口はインドの人口の約1万分の1の、たった約10万人だ。イランからやってきて千数百年してもまだこれくらいしかいないという理由の背景には、パルシーと認められるためにはパルシーの子供である必要があるため比較的近親婚が多いためだとされている。しかしこの結果パルシーの血統は概ね守られ、いまだにパルシーと言うとイラン人のような白い肌の人が多い。「概ね」と書いたのには理由があって、パルシーの中には肌の色が濃くおよそイラン人を祖先とするとは考えられない人もいるので、歴史上のどこかで彼らを迎えたインドの血が混じっていることは間違いない。ちなみにイランの拝火教徒も基本的には拝火教徒どうしでしか結婚しないし、ユダヤ人のうちで伝統的を守る人々は血統を守ることには熱心だ。

パルシーはインドの植民地時代にいち早く西欧的な考え方や統治の手法に順応した民族で、その関係でインドの民族資本としては比較的早く頭角を現した。そのパルシーの経営する企業群の中でタタはもっとも成功した部類だ。製鉄業や鉄道車両の製造などの重工業を創業し産業資本の礎を築いた。今は国営となっているAir India(インド航空)も元はと言えばタタ財閥が始めた事業だ。このようにタタ財閥はインドの工業化を引っ張ってきたような側面があり、そのような行動をとって来た背景には「インドかくあるべし」という一種のビジョンがあるようだ。

このビジョンの存在はタタ財閥の開明的な経営でも知られる。8時間労働制を1912年に宗主国英国より早く実施したとか、1920年に企業年金制度を作ったとか、パルシー以外の民族を経営幹部に登用しているとか(これは一面、パルシーの絶対数が少ないからでもあろう)言った点などがこの側面を示している。

このようなタタのイメージする開明的な経営を象徴するのがTata Steelを始めとするタタ系の企業の工場が多数存在する人口約100万人の都市Jamshedpur(ジャムシェドプール)だろう。ジャムシェドプール(ジャムシェドの町)は1919年にその地に都市を築くことを企画したJamshedji Tataの名を取って命名された。ちなみにジャムシェド(jiは日本語で言えば「さん」に相当)はイランの古代神話の王の名前だ。脱線するがこのことや、パルシーが千数百年を経たいまだにイランへのツアーに出ることからも彼らの持つイランへのこだわりがわかる。ジャムシェドプールの中央駅の駅名がTatanagar(タタナガール。タタの町)であることなどからも、この町が完全なタタの企業城下町であることがわかる。ジャムシェドプールは市制をしいておらず従い市議会や市長は存在せず、Jamshedpur Utilities and Services Company(JUSCO)というタタ製鉄の一事業部が市の管理運営を行っている。町はこぎれいだし、電気も停電しないし、水道の水ものめるのでインドでもっともきちんと運営されている都市だとされている。こういうところをみているとタタ財閥の指向するものは、シンガポールのような「開明的なリーダーによる秩序ある発展」ではないかという気がする。

しかしその開明的な経営者による秩序ある発展のモデルが、現在のタタ財閥にはやや重荷になってきているのではないかと思われる。他の財閥がビジョンはさておき、第一義的には利益を上げることに専念する傾向があるだけになおさらだ。しかし、現在のインドではまだ発展のプロセスに開明的なリーダーが深く関与することのほうがコトが進みやすいようだ。それを象徴するような事件が昨年から今年にかけておきた。

7月にTata Motors(タタ自動車)がone lakh car(10万ルピー車。インドの数の数え方については
http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2009/04/25/4265839
ご参照)と銘打って小型車Nano(ナノ)の発売にこぎつけたのは記憶に新しい。「こぎつけた」と書くのには理由がある。ナノは当初はコルカタ(旧カルカッタ)を首都とする西ベンガル州のSingur(シングール)の水田の真ん中に建設される新プラントで製造される予定だった。しかし現在の西ベンガル州で政権を牛耳るCPI(M)(インド共産党マルクス派)に反対する有力女性政治家Mamata Banerjee(ママタ・バネルジー)が「西ベンガル州政府がTata Motors誘致のため地権者をないがしろにした」として建設中の工場周辺で強力な反対運動を展開、混乱のなかでタタは昨年10月にほぼ完成したプラントを放棄し別なプラントでナノを生産することを決定せざるを得なくなり、ナノの発売も数ヶ月遅れることとなった。およそ秩序だった発展とは異なる結果となったわけだ。財閥当主のRatan Tata(ラタン・タタ)は「土地の取得は企業誘致をした西ベンガル州政府のやったこと」として、そもそも混乱の原因となった西ベンガル州政府の権力をかさに来た乱暴な地上げにはノーコメントを通した。確かに地上げを西ベンガル州政府に任せたほうが一見コストが安く、経営的には合理的な選択肢であったのだろう。しかし大衆行動が一定の効果を持つ現在のインドの状況では、むしろジャムシェドプールを建設するときラタンの曾祖父がしたように自分で地上げをしていれば、取得価格は上がってもこのような混乱は避けられたかもしれない。

開明的な経営と並んでタタ財閥のもう一つの特徴として強い英国志向がある。タタ財閥の経営を統括する部門の責任者に会いに行ったら、マーガレット・サッチャー元首相の秘書官だった英国人であったり、タタが買収した企業が2000年に買収した英国の紅茶メーカーTetleyであったり、 2007年に買収した英蘭の鉄鋼メーカーCorusであったり、前述の2008年に買収した米フォード傘下にあった英国の自動車メーカーのジャガーとローバーであったりするのを見るにつけてこの印象を強くする。

無論タタとても英国一辺倒であるわけではない。私がインドに行き始めた頃、街にはOur product is good enough for the market
http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2009/06/09/4355485
で書いたようにベンツから移植したエンジンを積んだトラックが走り回っていたわけだし(この点はいまだにそうだ)、最近ではNTTドコモと携帯電話事業を営んでいる。

最後に考えるべきは、上に示したような国際級のサイズの事業と、Our product is good enough for the marketとばかりにインド市場あるいは財閥自体のニーズに基づく小さい企業が多数存在していることだ。今後このように大小取り混ぜて存在する彼らのグループ企業の整理統合をどうするのか、(上述の財閥の経営を統括する機能がどのようなものになるのか)、まだ不足している技術力の面を海外の企業とどのような提携を結ぶことで補ってゆこうとしているのかには注目しておく必要があるだろう。

コメント

_ イイダシンジ ― 2012/10/25 11:15

記事面白く拝見しました。
ペルシャ語をファルシィー(Pharsy)とイラン人は呼びますが、そのままですね。

_ Mumbaikar ― 2012/11/25 10:37

乱暴な言い方をすれば現代のイラン語ではPars = Farsとして互換性を持っていると考えていただいて結構です。ちなみにイランの首都テヘランにはTehran Parsという新興住宅地(といっても開発を始めたのが1950年代ですから新興という言葉が正確かどうかちょっと疑問ですが)がありますし、イランの南にはShirazシラーズを州都とするFars州があるといった状態ですので。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2009/08/21/4529368/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


水のなるほどクイズ2010