「もうVWの話を書くのはやめよう」と思っていたが2015/10/10 19:16

「もうVWの話を書くのはやめよう」と思っていたが二つの新聞記事が目に止まっ

たのでここで紹介しておきたい。

 

一つはイギリスのThe Guardian930日に掲載したWide range of cars

emit more pollution in realistic driving tests, data shows(データによれば、よ

り現実的な試験条件下ではより多くの自動車が[基準]より多くの排出物を出す)

という長い題名の記事で、ここにADACが独自に実施したNEDCWLTPそれ

ぞれの条件下で計測した自動車排ガスの差が表として掲載されている(尚、

現在The Guardianのウェブサイトに掲載されている記事は101日に改訂され

たもの)。

 

横文字の略称が並んだが、ADACAllgemeiner Deutscher Automobil-Club、全ド

イツ自動車クラブの略称で、日本のJAFに相当する団体だ。

 

NEDCNew European Driving Cycleの略称で、1997年制定のEU基準の燃費と

排ガスのテスト基準。ちなみに日本のJCO08は燃費のみのテスト基準だ。

 

WLTPは今月公式発表が予定されている国連主導で定められようとしている自動

車の燃費と排ガス基準。国連主導で内容を取り決めているので、より世界各国の

実際の使用状況を反映した計測基準だとされている。詳細は日本語版ウィキ

ペディアのリンクを示したのでそちらを参照願いたいが、ここにはWLTPが燃費

基準や電気自動車用の電費基準も定めていることが書かれておらず、日本語版の

エントリーは内容不足だ。

 

The Guardian紙の記事によると例えば日本でも販売されているボルボのS60 D4

WLTP条件下では14倍強のNOxが排出されていたとされている。ちなみに約2

で収まっているのは以下の7車種だ:

 

アウディ TT Coupé 2.0 TDI ultra

ベンツC 220 BlueTEC T-Modell

オペル Corsa 1.3 CDTI ecoFlex Start&Stop (5G)

マツダ CX-3 SKYACTIV-D 105

ベンツC 220 BlueTEC

マツダ6(アテンザ) 2.2 SKYACTIV-D 150 i-ELOOP

BMW 520d

 

CX-3と同じエンジンを搭載しているデミオのオーナーとしては「当座のところは

まあ合格圏内かいな」と胸をなでおろしている。

 

The Guardianの記事に登場したのは30車種だが、WLTP基準計測値が2倍以上に

なった車種が48車種未掲載とのことだ。記事にはVWは一車種も掲載されていな

かったので、この48車種の中にVWの車種も入っているのかもしれない。ドイツ

語圏に支局のある日本の報道機関にはゼヒADACのウェブサイトからこの試験結果

を引っ張り出してきてほしいものだ

 

The Guardian紙によればVW問題を提起したことで一躍有名になったICCT

ADAC傘下の試験機関は完全に信頼できる」と言っているのとことなので、当面

ADACの発表内容や試験方法が自動車排ガス問題を検討する際の一つの標準と

なるのではなかろうか。

 

もう一つは107日付の日経新聞電子版に掲載された伊藤忠の丹羽宇一郎

元会長の「名門がはまった『優等生の罠』」と題する記事だ。

 

ドイツの自動車会社[VWのこと]の不祥事では、排ガス試験の不正問題を

巡り、様々な情報が社内から出てきています。これだけ情報があふれ出て

くるということは、不正行為に関する話は噂話も含め、相当、社内で広が

ていておかしくありません。どんな会社でも、あちらこちらで経営幹部

社員同士の交流があるからです。それを経営トップが知らないというこ

がありえるのでしょうか。

 

とかなり手厳しい。私もそれなりにこの件はフォローしているつもりだが、相当

情報の検索をしても「様々な情報が社内から出てきている」ということには

ならないので「さすが丹羽さんだなぁ」と感心していたが、思い当たることが

あった。

 

日本でVWの存在感を大いにアップさせていた伊藤忠出身の庄司茂フォルクワー

ゲングループジャパン前社長だ。庄司は本年7月末に理由を明示せずに突如辞

している。ハハァ

 

辞任当時はVW本社と販売方針が合わなかったとか言った観測がここでリンクして

いる記事以外にもあちこちで流れたが、丹羽の文を読んでいると、庄司の退職は

今回アメリカで問題になったパサート・ディーゼルの日本市場展開をめぐって

VW本社とモメた結果なのかもしれないと思えてきた。

 

もしそうであれば、なんで庄司がこのブログでも取り上げたオリンパス問題で内部

告発者として勇名をはせたマイケル・ウッドフォードのように内部告発をしなかっ

たのか?日独の企業文化や法制のせいなのか?このあたりは興味津々の部分だ。

 

 


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2015/10/10/7834809/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


水のなるほどクイズ2010