苦しいなぁ2015/10/04 11:14

振り返れば2000年頃から、世界全体で排気規制と、そして燃費規制が段階的に強化

され続けている。とりわけディーゼル車の排気対策については、今も説明した難しさ

に直面しつつ、技術的に可能なレベルぎりぎりか、それを超えるほどの浄化レベルを

求められ続けている。

 

 その現場に関わる人々の中で近年、「ディフィート」問題が憂慮されるようになっ

ていた。それは「公的試験」と「リアルワールド」の乖離すべてに及ぶ現実認識に関

わるものだが、中でもディーゼル車の排気対策において、公的試験では各成分の規制

値をクリアしている車両が、ちょっと条件を外れるだけで排気性状、特にNOx排出量

が急に増えることが様々に指摘され、語られていたのである。

 

 筆者はそうした背景に接していたから、今回のフォルクスワーゲンに対するNOV

[Notice of Violation、違反通知]を目にした瞬間にまず頭をよぎったのは「来る

ものが来た」という思いだった。

 

上記は自動車評論家の両角岳彦が時事問題ウェブサイトJBPressに掲載した

不正にがったディーゼル車『排気対策』の難しさ」と題するA44.5枚位に

なる結構長い文の一部だ。

 

2011年にこのブログでも取り上げたが、両角は日本の自動車業界、なかんずくトヨ

タ批判の急先鋒で鳴らしているが、JBPressに出てくる彼の近年の文は「世界の自動

車業界は、エンジン技術も車体技術も最先端をゆくVWを見習え」と言わんばかり

の文が目立っていた。それ故にその彼が今回のVW問題をどのように取り上げるの

か興味を持っていたところに出てきたのがこれだ。

 

引用した部分は延々と何故自動車の、なかんずくディーゼル車の排ガス対策が技術的

に難しいかの説明をひとしきり書いてから出てくる。

 

はっきりいって今回の両角の文は歯切れが悪い。「ちょっと条件を外れるだけで排気

性状、特にNOx排出量が急に増えることが様々に指摘され、語られていたのである」

なら、ヨーロッパでディーゼル車の販売が伸びていることを書く際にこの点も指摘し

ておくべきではなかったのだろうか?しかしそれを指摘しなかったのは何故か

 

技術のことをそれなりに押さえながら文を書く両角のスタイルに一定の共感を持っ

ていた者として、なんとも後味の悪い印象を残した論考だった。

 

ついでなので「フォルクスワーゲン(VW)問題について考える」で取り上げたハイブ

リッド車の燃費について書いておく。

 

ホンダが鳴り物入りで登場させたハイブリッドシステムを搭載しているホンダ・グレ

ース。日本の最新の燃費審査基準であるJCO8で計測したカタログ燃費は34.4km/l

だが、今春グレースを買った友人によればざっと17km/l だそうだ。まあカタログ燃

費の半分ということですね。

 

私はレンタカーでときどきカタログ燃費32.6km/l の第三世代プリウスに乗るがこち

らは以前所有していた第二世代のプリウスよりは燃費がよいとは思うが、それでも実

20km/l弱という感じだ。なんでハイブリッド車の実力燃費ってこんなにカタログ

燃費と差がでるんでしょうね。




コメント

_ 犬 ― 2015/10/11 09:15

ハイブリッドだと思って過信して踏んでるとかじゃないんですか?

ラフに踏まなきゃ先代のフィットシャトルでもJC08値の七割の数字は出るんですが…

たまにいるんですよね。通常のガソリン車だとエコドライブに気をつけるのに、ハイブリッドだと過信して踏むひとが(笑)

ちなみに欧州の車雑誌がやる燃費計測も向こうの燃費モード値の7割ぐらいでれば良好
ただ日本の車雑誌がやる満タン計測法なんて誤差の大きい方法じゃなくて流量計つけて正確にやるとことかありますが

_ Mumbaikar ― 2015/10/12 09:11

7割というのは結構気をつけてアクセルやブレーキを踏めば…の話ですね。たしかにグレースを買った友人は飛ばし屋ですが「それを割り引いても」っていう話です。

_ ジャグゥァー() ― 2015/10/12 10:03

貴方は自動車評論家の人でしょうか?
お詳しくて尚且つ客観的な論説にはとても信頼しております。

夜中の国道1号線の富士東ICから浜名湖を越える辺りまでの区間と
そこから23号線で名古屋までの区間ならカタログ10.15の通りの数字が出てるので時と状況次第だと思ってます

_ Mumbaikar ― 2015/10/12 13:45

自動車はそれなりに好きですが(以前Jaguar Mark 2を所持して自分であれこれ手を入れたりしていました)、自動車評論を業としているものではありません。まあ元エンスーというところですかね。ご指摘のような状況で、制限速度内で走っていれば確かに10.15のような燃費は出ると思いますが、そのような走行状況は到底「一般的」とはいえないものですね。

_ いっしゅう ― 2015/10/22 10:34

VWは今年2015年、悲願の販売台数世界一の座にのぼりつめる寸前で前代見聞の詐欺的なチート(不正)発覚でポシャってしまいました。トヨタの天下が続きそうです。

もともと、2015上半期だけの中間数字では世界一になっていましたが、VWが頼りとする中国市場の7月以降の大変調で、2015年の年間通期での初のトヨタ抜きには黄色信号が灯っていたんですけどね。トヨタ抜き世界一の夢は永遠に失われてしまいました。
それにしても、VWがどうしてこんなに焦った行為に走ったのか疑問で、また残念でなりません。

やはり、HVを市販モデルで完璧に実用化したトヨタの技術力に衝撃と恐怖を覚えていたのでしょうね。内燃機関では実現不可能の回生ブレーキというエネルギー循環システムを市販可能な完全な形で実現されてしまいました。
で、来るべきEV全盛の時代まで、なんとかトヨタHV(THSⅡ)に対抗し時間稼ぎになる目ぼしい技術を、と探した中で「乗用車用クリーンディーゼル」なるものを担ぎ出してきたんでしょうが・・・しかしながら、実はこの世に存在しない「クリーン」ディーゼルなどという「まやかし」はあまり筋のよくない戦略ですし、現実問題として前代未聞の「チートプログラムによる偽装」なしでは成り立たないものでもあったわけです。

世界一シビアな消費者の目を持つアメリカ市場で全く売れなかったのは、「VWはしょせん欧州の貧民車」という評価が定着していたからです。
VWが本来とるべき道は、このアメリカ市場での悪評価を、地道な改善の積み重ねで一つ一つ覆してゆくという「正道」だったのではないか、と思われるこのごろです。

_ Mumbaikar ― 2015/10/23 12:08

VWがアメリカにおけるブランド戦略で失敗した/している、というのは全くそのとおりだと思います。その昔日本メーカーにやや遅れてアメリカで自動車製造工場を建設したが「持ち駒」が悪く販売が伸びずに撤退した、アウディがECUに起因する問題で暴走した、といった過去の問題の記憶が尾を引いていることは間違いないでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2015/10/04/7825312/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


水のなるほどクイズ2010