私はトレッキーTrekkieではないが…(映画「スター・トレック」評)2009/06/03 20:59

5月29日より日本でロードショーが始まった映画「スター・トレック」をみた。

スタートレックについてご存じない方のために多少の解説をすると、スタートレックは1966年に放映開始となった米国のSFテレビドラマのシリーズ名だ。日本では1969年から「宇宙大作戦」と言う名前で放映されていた。宇宙大作戦の宇宙戦艦エンタープライズのカーク船長(英語ではCaptain。以後のスタートレック・シリーズでは「艦長」と訳されている)と耳のとがったヴァルカン星人ミスター・スポックを記憶している人もいるだろう。オリジナルのスタートレックは当初ヒットとはならず、3シーズン(アメリカでは2~30話程度を一単位として番組を制作する。この単位がシーズンと呼ばれる)80話で製作中止となったが、その後再放送されるうちに人気が高まり、続編が次々と公開され、映画も製作され、ということになった。続編は、Next Generation(邦題「新スタートレック」7シーズン、178話)、Deep Space 9 (7シーズン、176話)、Voyager(7シーズン、172話)、Enterprise(4シーズン、97話)まであり、映画のほうも今回の「スター・トレック」とアニメを含めれば12本製作されている。スタートレックの熱狂的なファンのことをTrekkie(s)トレッキーというが、アメリカにはトレッキーのコンベンションがあったりして、そのコンベンションを題材にしたSF映画まで出ている。

私はトレッキーとまでは行かないがスタートレックにはそれなりの興味を持っていて、Deep Space 9以降のシリーズのほとんどのエピソードは見ているし、宇宙大作戦も新スタートレックもかなりのエピソードは見ている。

さて映画「スター・トレック」。「宇宙大作戦のメンバーの若かりし頃のエピソード」と言う設定だが、スタートレック・シリーズを知るものの目で見ると、ウィノナ・ライダー演じるスポックの母親がテレビシリーズ(確か映画でも)に出てくるスポックの母親のイメージと違う(もっと丸っこい「アメリカのお母さん」的な人物だった)、そもそもテレビシリーズではスポックの母親は死んでいないので「スポックの若かりし頃」という設定のこの映画で彼女が死ぬのは理屈が合わない、そもそもヴァルカン星もロミュラン星もテレビシリーズでも映画シリーズでも滅亡していない、大体スポックとウフラが恋仲?、惑星連合関係者の着ている衣服がテレビシリーズのロミュラン星人の衣服に似ている、ロミュラン星人は顔にイレズミのある坊主なんかじゃない、とかいった点が気になってしょうがない。こういった疑問を一挙に乗り越えるべく「この映画のエピソードは時間軸が狂った並行世界で起きた事象」という設定になっているが、時間軸が修正された後でもヴァルカン星もロミュラン星も滅亡したままだし、スポックの母親も死んだままなので、どうも腑に落ちない。

この映画を見る人はあまり他のスタートレックのことは考えず、これを単発のSFアクション映画としてみたほうが良いと思う。その目で見るとそれなりに話がまとまった、それなりに面白い映画だと思う。ただ、最近のアメリカのこの種SF超大作は必ずDreamworks SKGが製作側に登場するので、画像や効果音がどうも「スター・ウォーズ」など他のSF超大作と似たイメージになるのがちょっと気になる。

オリジナルのシリーズとこの映画をつなぐ役回りでレナード・ニモイ(現在78歳)が「時間軸をくぐり抜けた老スポック」として登場するが、思わずオリジナルのスタートレックから40余年を経た彼の年のとり方と、ついこの間「グラン・トリノ」でみたマカロニウェスタンで初見参だったクリント・イーストウッド(現在79歳)の年のとり方とを対比させてしまった。大体ヴァルカン星人は地球人に比べはるかに年のとり方が緩やかなはずなのだが…

コメント

_ 玉川 雅章 ― 2009/06/05 10:02

ご無沙汰です。  このページしっかりお気に入りに入れて読んでますよ。 私は、この種の超長編ものは大好きで、スタートレックも気になっていたのですが、どこからスタートして見たらよいか判らないで、つまみ食い的視聴をしていました。  この解説をきっかけにどこかのシリーズを連続で見てみようか、と思っています。 こんな肩の凝らないブログも良いですね。   では、また

_ Mumbaikar ― 2009/06/06 20:37

とっつきやすいところでいうと「バビロン5」なんてのもよいかもしれませんよ。「バビロン5」という宇宙ステーションを基点にそれに絡むいくつかの宇宙帝国との関係を中心にエピソードが構成されていて、スタートレックのようにシリーズがあれこれ存在しないので…一部のエピソードでスタートレックDeep Space 9に出てきた俳優が似たような役回りで登場するのがご愛嬌だったりします。

_ TenTen ― 2009/06/12 16:49

見ました。
映画館に入ってすぐ、この手の映画にしては観客の年齢層が高い・・・と思いました。そして、その殆どが始まる前からパンフレットを熱心に見ていました。男の子(昔の・・を含め)の映画という印象でしたが、50代と思しき女性の姿も。歴史・・・なんですね、スタートレックは。
という私も、昔TVで時々見ていました。
あまりにも個性的で、他の俳優は難しいと思っていた、新ミスタースポックも、あの髪型、耳が似合い、かつ知的な雰囲気で◎。ただ、ウフーラは、もっと美しさとセクシーさがあったほうがいいので△でした。シリーズ化されるのでしょう。成長を見守ることに・・・。

_ Mumbaikar ― 2009/06/14 20:20

「スター・トレック」には結構コメントやトラックバックがつきましたね。確かにあのヤセてが眼がクリクリしたUhuraは、もっとエギゾチックで英語で言うgraciousな感じがあったオリジナルのUhuraとイメージが違いましたね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mumbaikar.asablo.jp/blog/2009/06/03/4340581/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2009/06/04 04:14

一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。
(どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる 〜 ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?)


主人公二人のぶつかり合いからドラマがヒートアップし、運命に突き動かされる。
それは彼らを形成してきたバックヤードがしっかり描かれることで成立している。

この結果、初代シリーズにそれほど思い入れのない私でも一気に引き込む磁場があった。
正直にカミングアウトすると、デブのくせに恥にも思わず、あちこちにしゃしゃり出てくるワィリアム・シャトナーが大嫌いである(ああ危険発言....)
そんな私にとって、今回のカークは過去感じたことない魅力に満ちあふれていた。
冒頭でパイク氏が言う、starfleetから失われた「資質」を体現する人物として。
そしてそれは現在 21世紀の状況にあてはまるところに、この映画のうまさがあるように思う。


次の制作も決定したとのことで、もう楽しみになっている自分が(笑)
ジーン・ロッテンベリーも目を細めているに違いない。
せっかく過去のしがらみから開放感されたのだから(違うタイムラインに突入。これも狙いのような?)次はもっと自由に、21世紀のさらに今らしい、リ・イマジネーションに強く期待したい!


追記:5/29に、朝日新聞の夕刊でのこの映画の映画評についてコメントしています。そちらもぜひご覧いただきたい!

_ soramove - 2009/06/08 22:09

「スター・トレック」★★★★
クリス・パイン 、ザカリー・クイント 、エリック・バナ 、ウィノナ・ライダー 主演
J・J・エイブラムス 監督、2009年、126分、アメリカ



                                          ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい
「約200年後の未来。
若いジェームズ・T・カークが自分の才能に気付き、
エンタープライズ号に乗り込んで、
宇宙探索の旅に出るまでを、
迫力の映像が次々と押し寄せ
大画面で映画を見る幸せを
十分に堪能できる作品となっている」


この映画の描く200年後の地球は
人々の暮らしはそれ程変わってなさそうだ、
ただし宇宙を自由に行き交い、
高い技術を獲得していて、
そのことで人間がどんな恩恵を受けているのかも
見たかったな。

広い宇宙、
そして異星人との戦い、
どうしても平穏な日々という未来はなさそうで、
ここでも異星人と激しい宇宙戦争を
繰り広げることになる、
敵の宇宙船がイメージのかっちりした外観でなく、
生き物のような巨木の幹が根を張っているようなのも
「よく考えるよなー」と。

バルカン星と人間の混血のMr.スポックが
理性的で生きたいと思いつつも
時に感情を爆発してしまうところは
なかなか良かったな、
誰もが理想とする自分でありたいと願いつつも
そうそうその理想でありえない現実と
直面している、
それは200年後の未来でも、そして異星人でも
同じようだ。


若きカークが船長になる成長の物語でもあるが、
破天荒でいながら全体を見通せる資質の
片鱗を見せてくれて、
彼となら長い宇宙の旅も何か面白いことがありそう、
もっとも、今後作られるであろう
新たなシリーズはまた戦いの連続なんだろうが。

小粒な作品を見続けていると
たまにこんな大作を見たくなる
その期待に充分応えてくれる作品だった。


★100点満点で80点★

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

自己犠牲の英雄という親を持つのは、誇らしい反面
精神的にはキツ...

水のなるほどクイズ2010